願いが叶うためには

要点 自己の宿命を正しく見つめ、自身の変革が、全てを解決するカギであることを一念においた祈りが大事である。
 私も、いままで海外をあちこち回りましたが、どこの国へ行っても人というものはみんな「幸せになりたい」と願っている。この願いは万国共通です。ところが、その幸せを獲得する仏法のことになると、言葉がわからないとか。むずかしいとか、教学の本がないからという人も多い。
 その人にはこういうのです。私は日本語しかわかりまサん。″砂糖” のことをドイツ語で、フランス語で何というのかわからない。知らないけれども、どこの国の砂糖も〝甘い″ということはわかった。(笑い) 名前(言葉) がわかったから″甘かった″ というのではない。名前(言葉) がわかろうが。かかるまいが。どこの国の砂糖も甘いのです。それと同じように、言葉はわからなくても。御本尊に功徳かおるということは。万国共通なのです。

 ある国へ指導で行ったときのことです。ヘソクリを夫に見つけられたことから。大げんかをしている婦人に会いました。これまであまり信心していなかった非常に気の強い婦人で、そのために一年間も夫と囗をきかない。洗たくもしない、食事も作らないと徹底している。(笑い)
 そして、その婦人が〝何とか夫と別れたい” の一念で、百万遍の題目をあげて願いをかけたというのです。(笑い) その百万遍の題目を唱え切った翌日に私が会ったわけですが「願いとして叶わざるはなし、と聞いていましたが、さっぱり叶わないのはどういうわけですか? 」( 笑い)と質問してきたわけです。
 その時、私は人が幸せになる願いは叶うが、不幸になる願いは叶わない。なんでもかんでも願いが叶ったら大変なことになる。
 だから私は聞いたんです。「主人と別れるように百万遍あげたといいますが、主人が信心できるようにと、何遍題目をあげたんですか」と。ところが、別れるように百万遍あげても、主人が信心するようには一遍もあげてなかったというのです。主人が悪いから苦労するのか。そうではない。主人で苦労する宿命があるから苦しむのです。主人が悪いことはわかっても。自分が良い妻ではなかったことにはなかなか気づかない。

 日蓮大聖人御在世当時の池上兄弟も同じです。信心に反対する父は、確かに悪い父かもしれない。だが、何故反対されなければならないのかといえば、実は善知識なのです。
 主人が悪い、親が悪いということはわかっても、自分の過去世の謗法の罪が、まだまだ大きいということがわからないから、自分の俄悔もしないで相手ばかり恨んでいるのです。
 こういうことをこんこんと話して「今までのことをすっかりおわびして、御本尊様にご主人がしっかり信心できるよう祈念しなさい」と指導しました。あくる日、私か飛行場へ行きましたら。その婦人がハイヤーで駆けつけてきた。「ゆうべは大変ありがとうございました。家に帰って御本尊様の前に座って唱題したところ涙がとめどもなく出ました」というのです。
 そこで私は「今まであなたは主人から見れば悪い妻、子供には悪い毋たった。しっかり信心すれば。いい母、いい妻、広布にプラスになる人材となるのです。帰ったら、子供さんにもあやまりなさい」と話しました。
 ところが、その婦人は「子供にもあやまるんですか? 」と、困り果てたように三回心聞いてきた。(笑い) いくら親だって子供の足を踏んだら「ごめんなさい」というのが親でしょう。「この子は私が産んだのだから、あやまる必要ないというわけにはいかない」(笑い)というと。「子供にはあやまりにくいですね」といっていた。しかし、御本尊様に題目を唱えて、おわびし、本当に悪い母であったとわかれば、自然と「ごめんなさい」という言葉となって出てくるのです。その婦人いわく「必ず人間革命して、報告できるようになります」と。
 その後、その婦人から手紙がきました。飛行場から帰りて、さっそく食事を用意し、テーブルに置いたが主人は食べなかったとのこと。「ごめんなさい」とあやまらないで、ただ作っておいたらしいのです。何もいわないでおいたのでは食べるわけがない。(笑い) 子供にもいまだにあやまってはいないが、指導の内容をそのまま話したところ、子供も百八十度変わったとのことです。手紙を読んで。信心のやり直しをするんだ” という婦人のなみなみならぬ決意を実感しました。
 この例からもわかりますように。自己の宿命を正しく見つめ。自身の変革が全てを解決するカギであることを一念においた祈りが、大事になってくるのです。
(指導の泉 和泉覚)