諸天善神と法華経

諸天善神と法華経
 法華経を読んでみますと、法華経を信ずる者を諸天善神が加護するとあります。これははっきり定められています。これはげ陀羅尼品第二十六にあります。とくに鬼子母神、十羅刹女が、「法華の名をたもつ者をとくにお守り申し上げます」と仏に中し上げたときに、仏は「おまえたちの功徳はひじょうに大きいぞ、その願いを立てることは大きいぞ」とこういっております。
 諸天善神とは、太陽もそのなかにはいり、梵天、帝釈もそのなかにはいります。あるいは天照太神、正八幡大菩薩、あらゆる神々がそのなかにはいると、日蓮大聖人様はおおせになっております。それではその神々はどこにいるかということになります。神社にいるかというと、神社にはおりません。われわれの体のなかにいるのです。梵天、帝釈も、また日月および大明星天も天照太神も正八幡大菩薩も、われわれの体のなかにいるのです。
 ですから、東の方を向いて、毎朝の勤行のときに初座をやるのです。そのときに、われわれの体のなかにいる諸天善神が向こうへず―っと並ぶのです。そうして、われわれの願いをじっと聞いていて、友だちを呼ぶのです。そうして仲間同士で相談して、われわれを守るのです。
 諸天善神というものが、梵天、帝釈一人しかいないものだとするならば、みなこれだけの人が東の方を向いてやっているのです、時間が違っているから忙しくてしようがない。ひとりで走り回らなければならないことになる。
 そうではないのです。こっちにいる人が出て行って、そして仲間を呼ぶのです。梵天だって一人ではない、帝釈だって一人ではない。何千人何万人といるのです。それだけいるのだから、みな集まってきます。そして、その人ひとりを守るのです。それが法華経の諸天善神です。
 天照太神だって、日本の国にはおりません。ましてや、社の中になんかおりません。いるのなら、私はあの神札を焼けとはいいません。いないのに、気がつかないのです。なぜかというと、日本人は、仏教を知らないから気がつかないのです。ここにいるのです。だから何人もが同じ時間に拝んでも、諸天善神はきちんとでることになっているのです。
 初座で諸天善神を呼びだしてお参りする、それから、こちらを向いて御本尊様をお参りすると、諸天善神はずっと後に並んでいるのです。これを党えていなければいけません。

(戸田城聖全集第2巻)