創価学会常住御本尊記念日

5・19「創価学会常住御本尊記念日」として、昨日、総本部にて原田会長を導師に勤行が行われた。
聖教では、
創価学会常住御本尊は、戸田城聖先生が、第2代会長に就任した直後の1951年(昭和26年)5月12日に学会前進の「金剛不懐の大車輪」として請願。同19日に書写された。
と報道。
書写とは戒壇の大御本尊を書写したことで、日蓮正宗・日昇上人によるものである。

創価学会常住御本尊記念日」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です