弘安2年10月12日の大御本尊

Q 弘安二年の十月十二日の御本尊様について教えてください。


A 弘安二年の御本尊は、本門戒壇の大御本尊と申し上げ、日蓮大聖人が出世の御本懐として、弘安二年十月十二日に御図顕になられたのであります。聖人御難事に、建長五年より、余は二十七年にして出世の本懐を遂げるとおおせあそばされています。
日寛上人は、大御本尊様について「就中弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究寛中の究寛、本懐の中の本懐なり。既にこれ三大秘法の随一なり。況や一閻浮提(世界)総体の本尊なる故なり」(観心本尊抄文段)といわれています。
 さらに、日寛上人は、大御本尊の功徳について「これ則ち諸仏諸経の能生の根源にして、諸仏諸経の帰趣せらるる処なり。故に十方三世の恒沙の諸仏の功徳、十方三世の微塵の経々の功徳、皆成くこの文底下種の本尊に帰せざるなし。讐えば百千枝葉同じく一根に趣くが如し。故にこの本尊の功徳、無量無辺にして広大深遠の妙用あり。故に暫くもこの本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱うれば、則ち祈りとして叶わざるなく、罪として滅せざるなく、福として来らざるなく、理として顕れぎるなきなり。妙楽の所謂『正境に縁すれば功徳猶多し』とはこれなり」(観心本尊抄文段)とおおせであります。
 このようにすばらしい大御本尊が、七百年の昔から日本に厳存し、今日では奉安殿に御安置されているのです。
 これに対しては、なにものも絶対疑っては相なりません。いま、安永弁哲が、偽作論のなかで、第九代の日有上人様が板曼茶羅を偽作したといっている。これが、他宗の間違った議論なのです。これにみな迷う。総本山で、明らかにすればいいのに秘密主義なのです。それは「時を待つ可きのみ」(御書全集一〇二二ページ)というご命令をそのままうけていらっしゃるから、正直なのです。総本山ぐらい正直なところはないのです。
 日有上人が御本尊を偽作したというのは、身延の連中のいうことなのですが、そういわれると、そういうこともあるかなと、思うものもあるでしょう。私は総本山にきて、日有上人の御本尊を拝したことがあります。これは現在でも御宝蔵にきちんとしまってあるのです。身延派はこの御本尊様と間違えているのです。またおかしいのは紫宸殿御本尊様のことをいっているのでもない、これは年号が違うのです。またどの御本尊様ともいえない。まったくのうそです。弘安二年の御本尊様は、弘安二年の御本尊様です。これは拝んでみれば功徳があるのでわかるではないですか。あの御本尊様を他の人がつくれますか。私がラジオやテレビを作るようなもので、いくらやっても映らないようなものです。洗燿機にしても私が作ったのでは動かないのです。そのようなものです。大御本尊様を拝んでいれば、そんなことはわかるではないですか。弘安二年の御本尊様は、日有上人がつくったのではありません。日有上人のは別にあるのです。
(戸田城聖全集2)