池田会長本

このエントリーをはてなブックマークに追加

池田大作名誉会長著作の本は、原則としてゴーストライターによって書かれていることが定説となっている。

「人間革命」

 学会では、現代の御書と呼ばれ、指導や勉強会の教材となってきた書籍である。この本は、昭和の発行当時、1冊あたり100万部を発行するほど会員が買ったのだが、実際に書いたのは篠原善太郎という学会幹部とされている。

「新・人間革命」

 篠原善太郎氏の後、シリーズ化しているこの本の執筆を担当したのが、松本和夫氏とされている。
もっとも、この事実を本人が公表するわけでもないので、推測の域を出ないが、池田氏自身が執筆していないことは、会員も気づいている。

おもな池田著作本

書籍一覧
  • 立正安国論講義
  • 御義口伝講義 (原島教学部長がまとめた講義録)
  • 池田大作全集 (スピーチもライターによるもの)
  • 私の履歴書
  • 人生問答
  • 若き日の日記 (福島源次郎副会長が書き直したとされている)
  • 二十一世紀への対話 (A・トインビーとの対談は往復書簡であり実際の対談集ではない)
  • 「世界不戦」への潮流を